デュランタ

デュランタ

クマツヅラ科 / ハリマツリ属(デュランタ属)
学名のデュランタ・レペンス( Duranta repens )と呼ぶ場合と
単にデュランタと呼ぶ場合がある
最近はデュランタ・タカラヅカ(宝塚)の他をデュランタ・レペンスと呼ぶ場合もある
開花期 6〜10月

デュランタという植物は世界に多数分布し、きれいな花を咲かせる種に、デュランタ・レペンスがある
これを日本で改良した大ヒット作が、タカラヅカで、名前のインパクトもあって、デュランタ・タカラヅカの名で広く知られるようになった
デュランタには他にも白花のアルバなどもある
デュランタ・レペンス・タカラヅカ
デュランタ・レペンス・アルバ
などとするのが正統だが
デュランタ・タカラヅカ
デュランタ・レペンス(タカラヅカ以外のデュランタ)
と2分するのも通例になっている
タカラヅカの名の由来は、紫色に白い縁取りがある花姿が、正装した袴姿のタカラジェンヌを思わせることから、とされている

参考サイト1 みんなの趣味の園芸
参考サイト2 季節の花300

花のあるホームページに戻ります  トップ  名前  科属  

笑顔おじさん

笑顔おじさんの仕事のサイトはこちらです



デュランタ・タカラヅカ
デュランタ
デュランタ
デュランタ
デュランタ
デュランタ・アルバ
デュランタ
デュランタ
デュランタ
デュランタ